IPAとNTT東日本、新型コロナ感染防止のためテレワークシステムを緊急で試験構築

職場や大学のPC画面に自宅から安全にアクセス可能なシステムの実証実験として2020年10月31日まで無償開放しています。

NTT 東日本 – IPA 「シン・テレワークシステム」 とは

  • 新型コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言の発令に伴い、在宅勤務が今すぐ必要とされています。しかしながら、在宅勤務のためのシステム (シンクライアント、VDI、VPN など) の導入には時間が必要で、間に合わない場合も多くあります。
  • このような非常事態下では、契約や調達を行なうことなく、直ちにインストールでき、簡単に利用開始できる、無償・ユーザー登録不要の、自宅から会社のパソコンを操作することができるシステムが必要です。
  • そこで、独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) と 東日本電信電話株式会社 (NTT 東日本) は、緊急的に誰でも簡単に利用できるリモートデスクトップ型のテレワークシステムを緊急構築し、2020/4/21 から、実証実験として無償で提供を開始しました。
  • これは、無償の実証実験システムであり、申込み、契約などは一切不要です。メールアドレスの登録も不要です。NTT 東日本の回線サービスに限らず、一般的な任意なインターネット回線が利用できます。企業環境における一般的な HTTP プロキシやファイアウォールにも対応しています。HTTPS (TCP ポート 443) が外向きに通信できる環境であれば、利用可能です。ルータや FW 等の内側の PC に、ルータや FW の設定に例外設定のポートなどを開けることなく、安全にリモートアクセスができます。
  • 今のところ、2020 年 10 月 31 日まで実証実験を継続する予定です。※ 実験の進捗や新型コロナウイルスの状況によっては、実験期間を変更する場合があります。

  シン・テレワークシステムHPから引用(https://telework.cyber.ipa.go.jp/news/)

インストール・詳細

詳細は公式WEBサイトを確認ください